脳が若返る食べ物

シカゴのラッシュ大学の調査で、954人のお年寄りを5年間追跡すると、 アルツハイマー病の発症が53%も低い食べ物(マインド食)がわかりました。

脳の認知機能の低下は20代後半から起こるので、年齢を重ねてから気をつけるのではなく

どの世代も心掛けて緑黄色野菜などを摂取するよう心がけると良い。







《積極的に取るとよい食材》

・緑黄色野菜(特にほうれん草、ケール芽キャベツ、にんじん、アスパラガスなど) 

・その他の野菜 

・ナッツ類

・ベリー類

・豆類 

・全粒穀物 

・魚

・鶏肉 

・オリーブオイル

※緑黄色野菜は、βカロチン、ビタミンK、葉酸、ルテインが入っている野菜は脳に良い。

 一日150g~450g摂るのが理想。油と一緒に摂ると吸収率が高い。



《控えた方がよい食材》

・ファストフード ・お菓子

・赤身の肉 ・バター

・チーズ ※塩分の取り過ぎは脳の血管を傷つけるため、減塩も大切。