美肌になるには 発酵食品を摂ろう

発酵食品は古くから食べられていて、腸内環境を整え、メンタルがおちつく、美肌やダイエットにも効くといわれている。 腸内細菌はバリエーション、バランスが大事で、納豆、漬物、チーズ、キムチなど色々な発酵食品を混ぜて食べるのが好ましい。 発酵食品は、抗酸化作用、抗炎症作用が老化や炎症を防ぎ、脳の状態が良くなり、血糖のコントロールの能力があがったり神経伝達物質の生産量も上がります。(うつになるのは神経伝達物質のバランスがおかしくなり、脳の機能が正常に働いていない場合がある。)

体内のバロメーターが肌。腸内環境が悪くなったり、体内の環境が悪くなると肌に出る。

糖尿病患者に発酵食品を連続して食べてもらうと、インシュリンの傾向が改善されてBMIの数値が下がったという検証結果がある。体脂肪や血圧が改善されるケースもある。