砂糖の影響

どんどん食べて太りやすくなる

砂糖や炭水化物を多く含むお菓子は、すぐに消化されて血中に入り、血糖値を急上昇させる働きがあります。瞬間的に満腹感を感じますが、その後血糖値が急降下することで再び空腹感を感じてしまい、また甘いものに手が伸びてしまいます。

シワになりやすい 砂糖の分子は皮膚でコラーゲンと結合し、コラーゲンを分解します。その結果しわを発生させ、皮膚の弾力性を失い、肌が硬化して日焼けによるダメージも受やすくなります。

吹き出物が出やすい 体内で食品が糖に変わり、血糖値を上昇させるスピード(GI)が高い食品を食べると、

インスリンが大量に分泌されるためホルモンバランスが変化し、吹き出物の原因 となります。 便秘の原因に 精製糖の含有量が高い食品は、栄養素や繊維質が少ない傾向があり、消化を妨げ便秘の原因になることもあります。 感染症の可能性 砂糖や精製された炭水化物を多く含む食事はカンジダ菌を繁殖させ カンジタ膣炎に感染しがちです。