うつ病を予防するビタミンDと日光

ビタミンDは

日本人の8割が不足している栄養素

不足すると、心臓病、糖尿病、ガン、認知症自己免疫疾患、平均余命の低下

うつ病につながる

ビタミンDはうつ病を防ぐのに重要なやくわりがある

冬季うつ病 冬になると気分が憂鬱、冬は眠れない、集中力がなくなるなど

季節性気分障害、季節性感情障害、やる期集中力が低下

冬は日が出ている時間が短い、

ビタミンDは日光に当たることで体内で作られる

日光に当たる時間が短いことでビタミンDが不足する

メンタルに大きく影響を与えている


ガン患者の生存率を高める

減塩よりもビタミンDを補充する方が、

血圧を下げる効果が大きい

糖尿病発症リスクが低下する

風邪とインフルエンザの罹患率りかんりつが低下

高齢者の全死亡率を大幅に低下させる

体重を減らしてくれる


カルシウムとビタミンDのサプリを毎日服用している人は

プラセボサプリメントを服用している人よりも減量できた

食欲抑制効果を得られたのではないか

ビタミンDのレベルが高いと体重が減少する

より多くのミルクを飲む人は体重を

2倍減らすことができる

ミルクには、カルシウムとビタミンDの両方が含まれている

太るとビタミンDが少なくなる

165000人、体重が10%増えるとビタミンDのレベルが4%低下する

ビタミンD欠乏は、日光に当たらないことの他に肥満からも起こる


ビタミンD

①食事からとる

 ミルク、チーズ、サケ、マグロ、タラの肝油、卵黄、牛レバー、

 ニシン、オレンジジュース、一部のキノコ

 食事だけでは1日の必要分をとるのが難しい

 

②日光を浴びる

 毎日20~30分日に当たるのが良い

 夏は20分、冬は30分浴びるのが良い


③サプリからとる

 ビタミンDは4000iuとるのが良い






閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示